タイのほぼ全域で大気汚染悪化 バンコクはAQI200超

【タイ】タイ天然資源環境省公害管理局によると、14日午前9時時点の空気質指数(AQI)は、北部、東北部の一部と南部を除くタイのほぼ全域で、「健康への悪影響が始まる」とされる100を超えた。

 バンコク都のAQIは、パトゥムワン区サムヤーンミットタウン前204、ヤナワー区ラマ3世通り205、ラークラバン区ラークラバン通り212、バンケン区パホンヨーティン通り206など、広い範囲で「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。

 西部カンジャナブリ県カンジャナブリ市は211、バンコク西郊のサムットサコン県サムットサコン市は226、中部サラブリ県チャルームプラキヤット郡は234、中部アントン県アントン市は228、北部スコータイ県スコータイ市は207だった。

 

 

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る