高さ276メートル、タイ最高層のオフィスビル開業 三菱地所が共同開発

【タイ】三菱地所は24日、バンコク都心のプルンジット通りで昨年3月に竣工した大規模複合オフィスビル「ワンシティセンター」が同日グランドオープンしたと発表した。高さ276メートルとタイ国内最高層のオフィスビルで、総事業費は約88億タイバーツ(約361億円)。タイの不動産デベロッパー、ライモンランドと共同で開発した。

 高架鉄道BTSプルンジット駅直結(徒歩2分)で、米国大使公邸、米国大使館、5つ星ホテルに囲まれた一等地に立地する。オフィス棟(地上61階建て)、商業棟(地上3階建て)の2棟で、延床面積約11万6000平方メートル、総貸付面積約6万1000平方メートル。オフィスビル高層階には、優れた眺望を活かしたルーフトップバーやレストラン、敷地内・低層階には、街区面積の半分を占める広場空間や商業施設などを整備し、タイ初出店の人気日系飲食店やタイ国内で人気のフードコートを誘致した。共用施設にコワーキングスペースや貸会議室を設け、駐車場のチケットレスシステムや就業者向けアプリ、顔認証システムなど最新のアメニティシステムも導入した。

 ボストン・コンサルティング・グループ(タイランド)、BNPパリバ・バンコク支店、丸紅泰国、泰国三菱重工業、三菱パワータイランドなどが入居する。飲食店では、ピンクのカオマンガイで日本人にも人気の「アン・カオマンガイ・プラトゥーナム」がフードコート内に出店中のほか、日系カフェ「% Arabica」や日本大使館公邸にも抹茶を卸しているプレミアム抹茶ブランドの「Ksana」が開業した。今年上半期中に58階・61階にスカイレストラン、ルーフトップバーを開業するほか、タイの著名シェフが手がけるカフェとレストラン、神戸「鮨 島本」、有名ガイドブックの評価を獲得した担担麺専門店「ENISHI」がタイ初出店する予定だ。

画像提供、三菱地所

画像提供、三菱地所

関連記事

トピック

  1. バンコク発、日本行き航空券プロモーション情報♪ JAL購入期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討…
  2. 荘厳なアンコールワットを観光するならグリーンシーズンも♪ 雨季は力強い緑に映える苔むした遺跡が神秘…
  3. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 学窓から大空の決戦場へ - 海軍飛行専修予備学生の軌跡 - 日時:2024年7月27日 【土】…
  2. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  3. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  1. 日タイ男子バレー「Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024」チケット販売開始

     9月14日(土)・15日(日)にバンコク都内のニミブットスタジアム(Nimibutr Stad…
ページ上部へ戻る