タイの外国人入国料、導入無期延期

【タイ】タイ字紙マティチョンなどによると、スダーワン観光スポーツ相は21日、タイに入国する外国人から徴収する予定の「入国手数料」の導入を無期延期すると明らかにした。

 入国手数料は前政権が今年2月の閣議で導入を決めた。外国人がタイに入国する際に、空路の場合は1回300バーツ、陸路、海路は150バーツを徴収する。外交旅券、公用旅券、ワークパーミット(労働許可証)の所持者は支払いを免除する。当初は6月に導入する予定だったが、5月の総選挙で政権が交代したこともあり、導入が先送りされていた。

 スダーワン観光スポーツ相は導入延期について、「多額ではないが、外国人旅行者の心理に影響を与える可能性がある」と指摘。廃止ではないとしたものの、導入時期は明らかにしなかった。

スダーワン観光スポーツ相(写真提供、タイ観光スポーツ省)

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る