医療法人徳洲会、ジャカルタに循環器病センター 100億円無償協力

【インドネシア】医療法人徳洲会とインドネシア国立ハラパンキタ循環器病センター(日本の国立循環器病研究センターに相当)はジャカルタにある同センター敷地内にハラパンキタ・徳洲会循環器病センターを建設する。

 徳洲会が最大100億円の無償資金協力を行い推進する共同プロジェクトで、地上20階、地下2階、460床の医療機関となる。2026年中の開院を目指す。開院後、徳洲会の医師ら医療従事者が日本の医療資格で同センター内で医療などを行うことに関し、インドネシア保健省から了承を得た。

 インドネシアは医療水準が比較的低く、年間約200万人がマレーシア、シンガポールなど国外で医療を受けている。

完成予想図(画像提供、徳洲会)

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る