タイ気象局が寒期入り宣言、例年より4週遅れ

【タイ】タイ気象局は14日、雨期が明け寒期(乾期)に入ったと宣言した。

 寒期入りは例年より約4週間遅い。気温は平年より高めの見通し。寒期明けは来年2月末と予想している。

 13日の各地の気温は北部チェンマイ市が最高34.8度、最低24.3度、東北部ノンカイ市が最高33.2度、最低24.5度、バンコクが最高34.5度、最低26.5度、南部プーケット市が最高33.4度、最低26.2度だった。

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る