ドライアイを予防し、治療することで、クリアな視界を実現するには

 「目まぐるしく」変化する現代のデジタル時代、オフィスで働く人々はパソコンの画面に何時間も張り付き、目を酷使しています。現代のライフスタイルから生じる一般的な体の問題のひとつがドライアイです。一見何の問題もないように見えるドライアイですが、適切に対処しなければ、不快感や生産性の低下、さらには長期的なダメージにつながる可能性があります。

ドライアイは、涙が十分に分泌されなかったり、涙の蒸発が早すぎたりして、目の表面に十分な水分がない場合に起こります。この不快な症状を引き起こす要因をいくつか挙げてみよう。

長時間画面を見続ける
 デジタル画面を長時間見続けることで、まばたきの回数が減り、涙が目の表面に行き渡らなくなります。このような長時間のスクリーン使用は目に負担をかけ、乾燥を悪化させます。

空調の問題
 空調の効いたオフィスでは、室内の空気が乾燥し、涙の蒸発が通常より早くなります。特にまばたきの回数が減ると、目の乾燥や炎症につながります。

パソコンの配置
 スクリーン配置が不適切であったり、パソコンや電子機器のセットアップ環境が不十分であると、ドライアイの原因になります。スクリーンが正しい角度や高さに設置されていないと、目に負担がかかり、涙の分泌に影響を与えます。

本ページで続きを読む

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る