バンコク都庁、歩道に透水性アスファルト導入 福岡視察の成果

【タイ】バンコク都庁は街路樹周りの歩道に透水性が高い多孔質アスファルトを導入する。都内のパヤタイ区で7日、チャチャート・バンコク都知事が見守る中、最初の工事が行われた。

 チャチャート都知事は友好提携先の福岡市を先月訪れた際に、歩道の舗装に使われている透水性の高い素材に注目し、帰国早々、導入を決めた。多孔質アスファルトで雨水を地中に逃し、洪水対策や街路樹の生育につなげる考えだ。

 都庁は今年、歩道約200キロの改修を予定している。

写真提供、バンコク都庁

写真提供、バンコク都庁

写真提供、バンコク都庁

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る