ALSOK、インドネシアの上場同業買収

【インドネシア】ALSOK(綜合警備保障)は12日、インドネシア子会社のALSOKバス・インドネシア・セキュリティ・サービスを通じ、インドネシア証券取引所上場で人材派遣、警備、清掃、駐車場管理サービスなどを手がけるシールド・オン・サービスの株式51.2%を取得すると発表した。

 シールド・オン・サービスはインドネシアの財閥シナルマス・グループを大口顧客に持つ。2022年12月期は売上高約142億円、当期純利益約2.7億円。

 ALSOKはインドネシアで日系企業を中心に警備サービスを提供してきたが、シールド・オン・サービスの買収で、インドネシア企業の顧客獲得を図る。

関連記事

トピック

  1. コムローイツアー第二弾☆再度予約受付開始!! 先行予約枠が大好評につき完売のため追加枠を確保しまし…
  2. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  3. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る