マニラ首都圏の鉄道改修に円借款174億円

【フィリピン】日本政府はマニラ首都圏の鉄道MRT3号線(全長約17キロ、13駅)の改修に173億9990万円の円借款を供与する。26日、国際協力機構(JICA)とフィリピン政府が貸付契約に調印した。

 運行中断などのトラブルが相次ぐMRT3号線を改修して安全性、快適性を向上させ、マニラ首都圏の交通渋滞の緩和、大気汚染の改善などを目指す。同事業には2018年に第1期として381億100万円の円借款を供与している。

 フィリピンは面積約30万平方キロ(日本の約8割)、人口約1億904万人(2020年、フィリピン国勢調査)、人口1人当たりの国民総所得(GNI)3640ドル(2021年、世界銀行)。

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る