タイで送電系統の電圧・無効電力オンライン最適制御システム完成、実証運転開始

【タイ】新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とタイ・エネルギー省による電力系統運用の低炭素化・高度化を目的とした実証事業で、委託先である日立製作所は26日、タイ発電公社(EGAT)と共同で推進している電圧・無効電力オンライン最適制御システム(OPENVQ)の本格実証に向けて、システムの構築を完了し、実証運転を開始したと発表した。

 実証運転では、EGATが所有するタイ東北部の送電系統を対象に、OPENVQとEGATが運用する給電指令所の電力系統の監視と制御を行うSCADAシステムを連携させた。これにより送電ロスを抑制し、電力系統運用の高度化・効率化を目指す。

 また、これまでのモニタリングデータを分析し、約1000トンの二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果を確認した。今後は、2国間クレジット制度(JCM)の合同委員会に対してプロジェクト登録を行い、2023年12月までのモニタリング結果をもとに、第3者機関の検証を経て、CO2の排出量をクレジットとして発行することを目指す。

 タイでは近年、経済発展にともなう電力需要量の増加により、送電系統の電力損失(送電ロス)の抑制が課題となっている。また、タイ国内の主要な電源が火力発電所であることから、天然ガスなどの化石燃料使用量が増加し、環境負荷の低減を考えた電源構成の実現に向けて再生可能エネルギーの導入が求められている。

 実証事業を実施するタイ東北部では、隣国からの電力購入や、水力および太陽光発電所などの新たな電源の新設が検討されている。これらのさまざまな電源が電力系統に接続された場合、送電系統の電圧を最適化する仕組みがないため、安定的な電力供給と送電ロスの抑制の両立が難しいという課題がある。

 こうした背景のもと、NEDOとタイ・エネルギー省は電力系統運用の低炭素化・高度化を目的とした実証事業を実施することに合意した。委託先の日立とEGATは、EGATがタイ東北部に所有する送電系統を対象に、OPENVQを導入し、2月から、OPENVQをSCADAシステムと連携させた実証運転を開始した。これにより、EGAT運用者を介さずにSCADAを経由してEGATの電力系統の自動制御が可能となった。

画像提供、日立製作所

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る