ベトナム北部ディープシー工業団地に賃貸工場

【ベトナム】鹿島建設とインドチャイナ・キャピタルの合弁会社インドチャイナ・カジマ・デベロップメントはベトナム北部クアンニン省のディープシー・クアンニン第2工業団地に賃貸工場を建設し、2024年3月にリースを開始する計画だ。

 開発総面積は6万9000平方メートルで、2835平方メートルから1万8196平方メートルの賃貸物件をそろえる。

 ディープシー工業団地はベルギー資本により、ハイフォン市と隣接するクアンニン省の港湾地区に3400ヘクタールの工業団地を開発運営している。これまでに、ブリヂストン、信越化学工業、IHI、ENEOS、日本通運など日系企業18社が進出した。

賃貸工場の起工式(写真提供、ディープシー工業団地)

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る