ベトナム北部ディープシー工業団地に賃貸工場

【ベトナム】鹿島建設とインドチャイナ・キャピタルの合弁会社インドチャイナ・カジマ・デベロップメントはベトナム北部クアンニン省のディープシー・クアンニン第2工業団地に賃貸工場を建設し、2024年3月にリースを開始する計画だ。

 開発総面積は6万9000平方メートルで、2835平方メートルから1万8196平方メートルの賃貸物件をそろえる。

 ディープシー工業団地はベルギー資本により、ハイフォン市と隣接するクアンニン省の港湾地区に3400ヘクタールの工業団地を開発運営している。これまでに、ブリヂストン、信越化学工業、IHI、ENEOS、日本通運など日系企業18社が進出した。

賃貸工場の起工式(写真提供、ディープシー工業団地)

関連記事

タイカルチャー

トピック

  1. スプリングフィールド@ホアヒンから新着期間限定プロモ情報☆スライダー付の大きなプールはお子様やノンゴ…
  2. 10月までのグリーンシーズン旅行検討のスタートに♪デジタルパンフレット『シンダイの旅』をチェック! …
  3. 7〜8月がハイシーズンの【サムイ島】お問合せ増加中! 夏休み&連休の人気ホテルは早期検討がお得◎ …

注目情報

  1. 2023-5-27

    バムルンラード病院の遺伝子検査とは

     バムルンラード病院は、タイの病院で唯一米国病理学会・CAP認定の検査センターを持ち、より迅速に…
  2. 2023-5-15

    【バンコク日本博2023】出展受付のご案内(パーソネルコンサルタント)

    いつもお世話になっております。パーソネルコンサルタントです。 【バンコク日本博2023…
  3. 2023-4-4

    日曜日の朝、サッカー好きの仲間たちと 思いっきりボールを蹴ってみませんか?

    FC KICKERS BANGKOK タイ、バンコクの少年・少女サッカーチームです。 日曜日の朝…
ページ上部へ戻る