不敬罪批判か タイ王室寺院外壁に落書き

【タイ】タイ字紙タイラットなどによると、28日午後5時半ごろ、バンコク都内の王宮に隣接する王室寺院ワット・プラケオ(エメラルド寺院)の外壁にタイ人男(24)が黒のスプレー塗料で落書きし、パトロール中の警官に現行犯逮捕された。

 落書きは国王夫妻に対する批判を禁じた不敬罪を示す「112」と書かれていた。

 不敬罪は違反した場合、1件につき最長15年の禁錮刑が科される。2014年の軍事クーデター以降、政権を掌握した王党派政権が不敬罪で民主派を訴追するケースが急増。民主派はこれまでタブー視されていた王室改革、不敬罪の廃止などを掲げ、対立が深まっている。

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る