ミャンマー軍とカレン族、タイ北部国境地帯で戦闘激化

【ミャンマー】タイの公共放送タイPBSなどによると、ミャンマー東部カイン州のタイ国境近くで、ミャンマーの少数民族カレン族の武装組織とミャンマー軍の戦闘が続いている。

 カレン族は25日未明、タイ北西部ターク県メーソードと国境を接するカイン州ミャワディーに攻撃をかけ、警察署を占拠するなどした後、撤退した。この戦闘の影響で、メーソードとミャワディを結ぶタイ・ミャンマー第1友好橋が一時閉鎖された。

 カレン族は28日、タイ北部メーホンソン県メーサリアンに近いミャンマー領内で、兵士約150人でミャンマー軍の基地を攻撃した。ミャンマー軍の兵士約40人は数十分間の戦闘後、基地を放棄して撤退した。

関連記事

トピック

  1. コムローイツアー第二弾☆再度予約受付開始!! 先行予約枠が大好評につき完売のため追加枠を確保しまし…
  2. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  3. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る