タイ中部でミズオオトカゲ32匹保護、食用か

【タイ】タイ当局は2月28日、中部スパンブリ県の農場で、タイで保護動物に指定されているミズオオトカゲ32匹、ニシクイガメ20匹などを保護し、現場にいた男2人を野生動物保護法違反の疑いで逮捕した。現場ではミズオオトカゲ59匹の死体もみつかった。

 当局は容疑者らがミズオオトカゲなどを食用としてレストランに出荷していた疑いがあるとみて捜査している。

 

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る