三菱自、24年からインドネシアで軽商用EV生産

【インドネシア】三菱自動車工業は2月16日、軽商用電気自動車(EV)「ミニキャブ・ミーブ」を2024年からインドネシアで生産すると発表した。「ミニキャブ・ミーブ」の海外での生産は初めて。

ワンボックスタイプの軽商用EVで、駆動用バッテリーと小型、軽量、高効率なモーターなど、世界初の量産EV「アイ・ミーブ」で実績のあるEVシステムを搭載する。駆動用バッテリーをフロア中央に配置するなど荷室容量を犠牲にすることなくEVコンポーネントを搭載し、大容量の荷室を確保した。2011年12月に日本で配送業など向けに販売を開始。生産を一度終了したが、物流、自治体などでの軽商用EVの需要の高まりを受け、2022年11月に販売を再開した

インドネシアでは合弁会社ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)の工場(西ジャワ州ブカシ県)で生産する。同工場は2017年4月に生産を開始した。年産能力22万台で、「パジェロスポーツ」、「エクスパンダー」、「エクスパンダークロス」を生産する。

三菱自動車の加藤隆雄社長は「軽商用EVは、物流における『ラストワンマイル問題』への最適解と考える。東南アジア諸国連合(ASEAN)におけるEVへのニーズの高まりに応えるため、今回海外初の現地生産を決定した」と述べた。

関連記事

トピック

  1. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  2. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…
  3. 休日はサメット島へGO!!バンコクから気軽に行ける人気の離島☆ 週末や6月の連休予約はお早めに♪ …

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る