三菱自、タイからの累計輸出500万台に

【タイ】三菱自動車工業はタイ工場からの累計輸出台数が500万台に達し、12月9日、タイ東部チョンブリ県のレムチャバン港で記念式典を行った。

式典には三菱自のタイの生産販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)の小糸栄偉知社長、タイのスリヤ・ジュンルンルアンキット工業相、梨田和也駐タイ日本大使らが出席した。

三菱自は1964年にタイで自動車生産を開始し、1988年に自動車メーカーとして初めて同国からの輸出を開始した。タイからの輸出先は現在120カ国以上に上る。昨年にはタイで生産した34万台の約90%が輸出向けだった。

MMThはチョンブリ県に3つの生産工場と1つのエンジン工場があり、三菱自の日本国外の生産拠点としては最大規模。

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る