IHG、バンコク南郊の大規模複合開発プロジェクトでホテル2軒運営

【タイ】ホテル大手の英インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)は、タイ最大級の財閥CPグループ傘下の不動産デベロッパー、マグノリア・クオリティ・デベロップメント(MQDC)がバンコク南郊のサムットプラカン県で開発中の複合不動産プロジェクト「ザ・フォレスティアス」で、ホテル2軒を運営する。

 1軒目は「ホテル・インディゴ・ザ・フォレスティアス・バンコク」。客室数274で、最大400人収容の会議スペース、プール、ジムなどを備える。2026年開業を見込む。

 もう1軒は「シックスセンシズ・ザ・フォレスティアス」で、ホテル85室、レジデンス27戸。

 「ザ・フォレスティアス」は64ヘクタールの敷地に、住宅、オフィス、小売店、公園などを開発するプロジェクト。

 

関連記事

トピック

  1. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…
  2. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  3. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る