住友商事、東南アジアの民間医療・クリニック事業に本格参入

【マレーシア】住友商事は7日、マレーシアで民間医療クリニックを経営するケアクリニック・ヘルスケア・サービス(CCHS)への出資を通じ、東南アジアの民間医療・クリニック事業に本格参入すると発表した。

 CCHSはマレーシアで104施設のクリニックを運営する民間医療グループ。年間の患者数は延べ約200万人で、地域に根差したプライマリケアサービス(国民の健康管理やかかりつけ医の機能として、未病・予防からあらゆる健康上の問題、疾病に対し、総合的・継続的に対応する地域の保健医療機能)を提供する。住友商事は2020年にCCHSに出資参画し、複数回の増資を経て、今回、筆頭株主となった。

 2026年までに300施設への拡大を目指す。他国へのクリニック展開や、グループ会社SCヘルスケア・ホールディングスが展開するマネージドケア事業(主に公的医療制度が充実していない国で発展しつつある管理医療システムで、企業・民間医療保険会社、マネージドケア事業者、医療機関の三者が連携して医療サービスを提供する仕組み)との連携を通じ、東南アジアにより良い医療サービスを提供しながら、ヘルスケア事業の拡大を目指す。

 マレーシアでは近年、高齢化や生活習慣病の増加など、高まる医療需要に対し、医療サービスの質の向上や供給が追いつかず、適切な医療サービスを受けられない、診療を受けるまでに時間を要する、といった課題が表面化している。医療技術の発展も相まって、医療費が増大しており、患者や企業、保険会社の負担が過大になってきている。こうした環境下で、効率的で利便性の高いクリニックが、健康管理の最初の窓口や、かかりつけ医の担い手となることが期待され、マレーシア政府はプライマリケアサービスの中で地域のクリニックが重要な機能を発揮することを推奨している。

 

写真提供、住友商事

関連記事

トピック

  1. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  2. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…
  3. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る