バンコク首都圏マンション価格指数、足踏み続く

【タイ】タイ政府住宅銀行(GHB)不動産情報センター(REIC)がまとめた2024年第1四半期のバンコク首都圏(バンコク都、ノンタブリ県、パトゥムタニ県、サムットプラカン県)の新築マンション価格指数(2012年=100)は155で、前年同期比0.2%、前期比0.5%上昇した。土地取得費用や労働コストが上昇しているため、今後も緩やかに上昇する見通し。ただし、景気減速や住宅ローンの審査厳格化を受け、7割以上の物件で、購入者に景品の贈与やキャッシュバックが行われているという。

 REICのバンコク首都圏新築マンション価格指数は2012年の100から2019年に150を超えたが、その後は足踏みしている。

 

関連記事

トピック

  1. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…
  2. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  3. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る