住友林業など4社、ベトナム南部で大規模分譲住宅開発 総事業費1400億円

【ベトナム】住友林業、熊谷組、NTT都市開発の3社はベトナムの大手不動産開発会社キムオアンと協業し、ベトナム南部ビンズオン省トゥアンアン市で総戸数約6700戸の分譲住宅開発に乗り出す。

 建設地はホーチミン市中心部から北東に約25キロ。約41ヘクタールの敷地に、低層分譲住宅約1200戸、高層分譲住宅約5500戸を開発する。総事業費は約1400億円。2034年までに全区画が完成する予定。

 

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る