中国・蜂巣能源科技、タイで車載用電池パック量産開始

【タイ】中国の電気自動車(EV)用リチウムイオン電池メーカー、蜂巣能源科技(SVOLT)とタイ石炭最大手バンプー傘下のバンプー・ネクストのタイの合弁会社SVOLTエナジー・テクノロジー(タイランド)が東部チョンブリ県シラチャーに建設した電池パック工場が量産を開始し、2月28日、記念式典が行われた。

 生産した電池パックは中国の自動車メーカー、長城汽車(GWM)と中国のEVメーカー、合衆新能源汽車のタイ工場に供給する。年内に2万個を出荷する予定。

 バンプー・ネクストは昨年12月に、SVOLTエナジー・テクノロジー(タイランド)の株式40%を7億5000万バーツで取得した。

写真提供、Banpu NEXT

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る