タイ北部で大気汚染続く 山火事が主因

【タイ】タイ北部で山火事を主因とする大気汚染が続いている。

 タイ天然資源環境省公害管理局によると、3日午後8時時点の空気質指数(AQI)はメーホンソン県パーイ郡で213と「健康に悪影響がある」とされる200を上回ったほか、チェンライ県メーサイ郡で199、スコータイ県スコータイ市で170、ナーン県ナーン市で178など、ほとんどの観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を超えた。

チェンライ県の山火事(写真提供、タイ内務省防災局)

関連記事

トピック

  1. コムローイツアー第二弾☆再度予約受付開始!! 先行予約枠が大好評につき完売のため追加枠を確保しまし…
  2. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  3. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る