トヨタ、タイ10時間耐久レースにプリウスで参戦

【タイ】トヨタ自動車は12月22、23日にタイのチャーン・インターナショナル・サーキットで行われる10時間耐久レース「IDEMITSU SUPER ENDURANCE SOURTHEAST ASIA TROPHY 2023」に、カーボンニュートラル燃料を使用したGR86「ORC ROOKIE GR86 CNF concept」、水素エンジンカローラ「ORC ROOKIE GR Corolla H2 concept」、そして新たに加えたプリウス(HEV=ハイブリッド車)「CP ROOKIE PRIUS CNF-HEV GR concept」の3台を、ROOKIE Racingの参戦車両として投入する。

 新たに参戦するプリウスは市販の車両をベースに開発した。市販のプリウス(HEV)でレースに参戦するのはトヨタとして今回が初めて。

 また、Toyota Gazoo Racing team Thailandの参戦車両のうち、カローラ、86、ヤリスの3台についても、カーボンニュートラル燃料を使用して走行する予定。

 トヨタは、水素エンジンカローラや、カーボンニュートラル燃料を使用したGR86のスーパー耐久シリーズ参戦を通じて、カーボンニュートラル社会実現に向けたマルチパスウェイの取り組みを加速させている。これら2つの車両は、2022年のタイ25時間耐久レースにも参戦し、日本とは異なる環境下でクルマを鍛えることにも挑戦した。今回は、マルチパスウェイの取り組みをさらに広げるため、特にアジアやタイのカーボンニュートラル実現において有効な選択肢の一つであるHEVを参戦車両に加える。燃料には、カーボンニュートラル燃料を使用する。

 これまでTOYOTA GAZOO Racingは、世界耐久選手権(WEC)参戦を通じて、レーシングハイブリッドの技術を磨いてきた。今回はプリウスにスポーツ走行に適した技術を投入し、走りの魅力と燃費性能を両立したHEV技術を鍛える。

 さらに、タイでのカーボンニュートラル社会実現に向けて協業するタイ最大級の財閥CPグループの執行役員で、CPの交通サービス事業を担うトゥルーリーシングの社長であるカチョン・ジアラワノン氏がプリウスのドライバーとして参戦する。

 今回の参戦では、CPの養鶏場の鶏糞から生成されたバイオガスと、トヨタの拠点であるトヨタ・ダイハツ・エンジニアリング&マニュファクチャリング(TDEM)で発生した廃棄食料から生成されたバイオガスを使い、TDEMの水素製造機で製造した地産地消の気体水素を水素エンジンカローラの燃料の一部に使用する。

ORC ROOKIE GR Corolla H2 concept(写真提供、トヨタ自動車)

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る