上海汽車・CP合弁、タイのEV用バッテリー工場完成

【タイ】中国の大手自動車メーカー、上海汽車とタイ大手財閥ジャルーン・ポーカパン(CP)グループのタイの合弁会社で「MG」ブランドの自動車をタイで製造するSAICモーター-CPと販売会社のMGセールス(タイランド)は10月31日、タイ東部チョンブリ県のWHAイースタンシーボード工業団地2に建設した電気自動車(EV)用バッテリー工場が完成したと発表した。上海汽車の東南アジアのバッテリー工場は初めて。

 年産能力は5万ユニットで、当初は「MG4エレクトリック」モデルに搭載する。2024年に生産を開始する。

 MGは2019年にタイ市場にEVを投入し、これまでの累計販売台数は1万8000台。

写真提供、MG SALES (THAILAND)

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る