タイ不敬罪で一審有罪、過去2年で79人 最長は禁錮28年

【タイ】国際人権連盟(FIDH)は10月31日、タイで2021年11月30日〜2023年10月30日に不敬罪で一審判決を受けた被告が100人で、このうち79人が有罪判決を受けたと発表した。有罪となった被告の最も長い刑期は28年だった。

 FIDHはタイのセーター首相が5月の議会下院選の選挙戦で、「不敬罪の運用に問題が多い」「不敬罪を改正すべき」と述べたと指摘し、タイ政府は批准している市民的及び政治的権利に関する国際規約に則り不敬罪を改正すべきと主張した。

 不敬罪はタイ国王夫妻と王位継承者への批判を禁じるもので、違反した場合、1件につき最長15年の禁錮刑が科される。

 

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る