タイ中合弁、ラオスのメコン川で大規模水力発電 投資額1000億バーツ

【ラオス】タイの電力会社ガルフ・エナジー・デベロップメントは同社が49%、中国の国有電力大手、中国大唐集団が51%出資する合弁会社パクベン・パワーを通じ、ラオス北部ウドムサイ県パクベン地区のメコン川に大規模な流れ込み式水力発電所を建設する。

 設備容量912メガワットで、発電した全量をタイ発電公社(EGAT)に売電する。2033年商業運転開始の予定。今月13日にEGATと電力購入契約を結んだ。契約期間は商業運転開始から29年間。投資額1000億バーツを見込む。

ラオス南部のメコン川

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る