タイ居住者の国外収入、タイ持ち込み時に個人所得税課税 24年から

【タイ】タイ財務省国税局は2024年から、タイ居住者(暦年中のタイ滞在日数合計が180日以上のタイ人、外国人)がタイ国外で得た収入について、タイ国内に持ち込んだ時点で個人所得税の課税対象とする。タイと二重課税防止条約を締結している国で収入を得て、その国で納税した場合は、納税した額をタイでの税額から減額する。

 これまでは税務年度の前年度に国外で得た収入を同年度にタイに持ち込んだ場合のみ課税対象としていた。15日付の通達で、収入を得た年度に関係なく、タイに持ち込んだ時点で課税対象とするよう変更した。国外での収入の税金逃れを防ぐ措置とみられる。

関連記事

トピック

  1. バンコク発、日本行き航空券プロモーション情報♪ JAL購入期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討…
  2. 荘厳なアンコールワットを観光するならグリーンシーズンも♪ 雨季は力強い緑に映える苔むした遺跡が神秘…
  3. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 日タイ男子バレー「Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024」チケット販売開始

     9月14日(土)・15日(日)にバンコク都内のニミブットスタジアム(Nimibutr Stad…
ページ上部へ戻る