タイの地球観測衛星にスペースデブリ接近

【タイ】タイ地理情報・宇宙技術開発機構( GISTDA)は11日、2009年の人工衛星衝突事故で発生した宇宙ごみ(スペースデブリ)が12日午後1時ごろ、同機構が運用する地球観測衛星タイチョートに約90メートルの距離まで接近する恐れがあることが判明し、衝突を避けるため、タイチョートの軌道を55メートル上昇させたと明らかにした。

 2009年の人工衛星衝突事故では、米イリジウム・コミュニケーションズの通信衛星とロシアの使用されていない通信衛星が衝突して双方が破壊され、多数のスペースデブリが発生した。

関連記事

トピック

  1. バンコク発、日本行き航空券プロモーション情報♪ JAL購入期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討…
  2. 荘厳なアンコールワットを観光するならグリーンシーズンも♪ 雨季は力強い緑に映える苔むした遺跡が神秘…
  3. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 日タイ男子バレー「Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024」チケット販売開始

     9月14日(土)・15日(日)にバンコク都内のニミブットスタジアム(Nimibutr Stad…
ページ上部へ戻る