17)クローバーでもない、雑草でもない「カタバミ」

和名:カタバミ(片喰)
英名:Oxalis
泰名:ต้นไม้จำพวกหนึ่ง トンマーイ・チャムプアックヌン

 自宅の庭の片隅に育っていた雑草をむしらずに放置していたら、そのうちクローバーのような葉となり、黄色い花を付け始めた。ネットで調べてみたらカタバミだった。葉の形から、やはりクローバーと間違われることが多いらしい。日本では家紋に用いられるが、ほとんど雑草扱いされているという。

 花は直径1cm足らず。オクラの超ミニ版のようなやはり長さ1cmほどの実もなっていて、調べてみたら中身の種が弾けて出てくるのだそう。タイでも気にする人が少なく、やはり雑草扱いされている。

小さいが鮮やかな色の花。

別にクローバーと呼んでも差し支えなさそうな葉。

オクラのように見えるが、食べられなさそう。そもそも極小。

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る