ジャカルタ郊外で国鉄職員男逮捕、銃18丁とISISの旗押収 テロ計画か

【インドネシア】ジャカルタグローブなどによると、インドネシア警察は15日、ジャカルタ東郊ブカシの住宅で、銃18丁と銃弾、イスラム過激派組織イラク・シリア・イスラム国(ISIS)の旗などを押収し、住人のインドネシア国鉄クレタ・アピ・インドネシア(KAI)社員の男(28)を逮捕したと発表した。

 男は警察特殊部隊本部や軍施設の襲撃を計画していたもよう。

 男は2014年にISISへの忠誠を誓い、軍事訓練を受けたことがあるという。現場の住宅で、妻子、義父母とともに暮らしていた。

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る