阪急阪神不動産、ジャカルタの商業施設買収

【インドネシア】阪急阪神不動産は1日、インドネシアの大手不動産デベロッパー、アグンポドモログループが西ジャカルタ市で開発した大規模複合開発エリア「ポドモロシティ」にある商業施設「ネオソーホーモール」を買収すると発表した。

 2016年竣工で、敷地面積2万1719平方メートル、延床面積6万3479平方メートル、地下2階、地上7階、テナント数約70。

 阪急阪神不動産は昨年9月、「ポドモロシティ」の大規模商業施設「セントラルパークモール」(延床面積18万8047平方メートル、テナント数約300)を買収している。

 「ポドモロシティ」はスカルノハッタ国際空港とジャカルタ中心部を結ぶ高速道路の出入口付近に立地。商業施設のほか、ホテル、高層オフィスビル、マンションなどがある。

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る