タイ電線メーカーのスターク、粉飾決算で経営破たん 負債380億バーツ超

【タイ】タイ証券取引所(SET)上場で高圧電線、ケーブルなどを製造するスターク・コーポレーションで損失と債務を隠ぺいした大規模な粉飾決算が発覚し、同社は事実上経営破たんした。負債総額は380億バーツ以上とみられる。

 タイ証券取引委員会(SEC)は6日、虚偽の情報で投資家に損害を与えたとして、スタークと子会社4社、スタークのチャニン前会長、ウォナラット前CEO(最高経営責任者)代行ら経営幹部、大株主5人を証券取引法違反で刑事告発し、資産の差し押さえを命じた。詐欺、株価操作、資金洗浄(マネーロンダリング)などの疑いもあるとして、法務省特捜局(DSI)など関係機関と捜査を進める方針。

 チャニン前会長はすでに資産の一部を国外に移して高飛びしたとみられている。

チャニン前会長の自宅(写真提供、DSI)

チャニン前会長の自宅(写真提供、DSI)

チャニン前会長の自宅(写真提供、DSI)

チャニン前会長の自宅(写真提供、DSI)

 

【PR】過去にタイで勤務した満55歳以上の方、タイの年金が受給できます。詳しくはこちら

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る