タイCP、ウドムスックで大規模複合不動産

【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下の不動産デベロッパー、マグノリア・クオリティ・デベロップメント・コーポレーション(MQDC)はバンコク首都圏の都市鉄道ライトグリーンライン(BTSスクムビット線)ウドムスック駅近くで大規模複合不動産「クラウド11」を開発する。

 MQDCが開発したオフィスビル「トゥルー・デジタル・パーク」の向かいに立地。敷地面積4.3ヘクタール、延べ床面積25万平方メートルで、ショッピングモール、オフィスビル、ホテル2店、教育機関、コンサートホール、ルーフトップパークなどからなる。事業規模は約11億ドル。2024年第4四半期完成を目指す。

 ホテルのうちの1店はロボットコンシェルジュなどで知られる英ホテルチェーン、ヨーテルのタイ1号店。客室数250で、地上22階のスカイバーなどを備える。2025年開業の予定。

関連記事

トピック

  1. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  2. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…
  3. 休日はサメット島へGO!!バンコクから気軽に行ける人気の離島☆ 週末や6月の連休予約はお早めに♪ …

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る