偽ナンバーで高速道路料金22回分踏み倒し タイ人男逮捕

【タイ】タイ警察は11日、ナンバープレート偽造などの容疑でタイ人の男を逮捕した。

 男は自家用車のポルシェ車に偽造ナンバープレートをつけ、3月3日から4月11日にかけ、バンコク首都圏の高速道路で、登録車両のナンバープレートをカメラで識別する自動料金収受システム(ETC)「Mフロー」の車線を少なくとも22回通行し、高速道路料金を踏み倒した疑いが持たれている。

 偽造されたナンバーの車両の持ち主が身に覚えがない高速道路料金を請求されたと訴え出て、犯行が発覚。警察は11日午前11時ごろ、バンコク郊外で容疑者の車を発見し、運転していた男の身柄を確保した。

写真提供、タイ警察

写真提供、タイ警察

写真提供、タイ警察

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る