ドンムアントールウェイ、阪神高速など タイに公共インフラ維持管理会社

【タイ】阪神高速道路は27日、タイでインフラ設備の点検・診断・設計・施工計画、補修・改修・補強、計測・評価、関連資材の販売などを行う合弁会社を設立すると発表した。

 合弁会社は「エイサイアム・インフラ」。資本金4000万バーツで、バンコク都内と郊外のドンムアン空港を結ぶ自動車専用道路ドンムアントールウェイを運営するドンムアントールウェイ(DMT)が68.5%、阪神高速が19%、ケー・エフ・シー(大阪市北区)とYKアクロス(東京都港区)が各6.25%出資する。

 タイでは首都バンコクを中心としてインフラ整備が進められてきたが、近年、橋梁の老朽化に起因するとみられる事故が発生するなど、老朽化対策と効率的なメンテナンスの必要性が高まっている。阪神高速の半世紀以上にわたる高速道路維持管理と海外事業の経験、ケー・エフ・シーが保有する最先端の建設・補修資材、YKアクロスが培ってきた現地でのビジネスネットワークを持ち寄り、タイで公共インフラなどの維持管理ビジネスに取り組む。

 

サクダーDMT社長(写真提供、DON MUANG TOLLWAY PUBLIC COMPANY LIMITED)

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る