バンコク~ナコンラチャシマ高速鉄道、工事進捗率18%

【タイ】2017年に着工したバンコクとタイ東北部の中心都市ナコンラチャシマを結ぶ高速鉄道(総延長250.8キロ)は今年2月時点で土木工事進捗率が18%だった。昨年11月時点では15%だった。

事業者のタイ国鉄(SRT)によると、2月時点の工事進捗率は第1工区(全長3.5キロ)が100%、第2工区(同11キロ)98%、第3工区(同12.2キロ)11.4%、第4工区(同26.1キロ)18.6%、第5工区(同37.5キロ)47.5%、第6工区(同12.4キロ)3.4%、第7工区(同21.8キロ)0.1%、第8工区(同23キロ)6.4%、第9工区(整備場)0.04%、第10工区(同31.6キロ)0.2%、第11工区(同13キロ)34%だった。他の3工区は建設業者との契約に至っていない。

バンコク~ナコンラチャシマ高速鉄道はタイ政府と中国政府による共同事業で、当初は2021年開業を目指していた。タイ政府の報道官は昨年9月、計画の遅れを認め、2027年に開業するという見通しを示した。

タイ政府はバンコク~ナコンラチャシマ高速鉄道を将来的にナコンラチャシマからラオス国境のタイ東北部ノンカイまで約360キロ延伸し、ノンカイのメコン川の対岸にあるラオスの首都ビエンチャンで中国ラオス鉄道(中国国境のラオスのボーテン~ビエンチャン間414キロ)と接続する計画を打ち出している。

関連記事

トピック

  1. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  2. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…
  3. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る