タカラレーベン、バンコクで2件目の分譲マンション開発

【タイ】タカラレーベン(東京都千代田区)は11月30日、タイ証券取引所(SET)上場の不動産デベロッパー、アセットワイズ(ASW)と共同で、バンコク都ジャトゥジャク区のソイ・パホンヨーティン34通りで分譲マンションを開発すると発表した。

敷地面積6043平方メートル、地上8階の3棟構成で、総戸数600戸。22~28平方メートルの1LDKを中心とした物件で、プール、ジム、コワーキングスペースなどを併設する。

周辺は国立カセサート大学、複数のオフィスビル、教育機関があり、新たな商業施設の開発が進んでいる。

タカラレーベンはアセットワイズと共同で、バンコク郊外のバンナー地区で商業施設を備えた複合型分譲マンションを開発中で、今回がタイで2件目のプロジェクト。

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る