タイ北部、激しい大気汚染と暑熱

【タイ】タイ天然資源環境省公害管理局によると、タイ北部で山火事を主因とする激しい大気汚染が続いている。31日午後9時時点の空気質指数(AQI)はチェンマイ県チェンマイ市で225、チェンマイ県チェンダオ郡で266、チェンライ県メーサイ郡で271、メーホンソン県メーホンソン市で297など、「健康に悪影響がある」とされる200を超えた。

 バンコク首都圏のAQIは17〜56だった。

 一方、タイ気象局によると、30日の最高気温はチェンマイ市で39.3度、北部ターク県ターク市で40.8度、西部カンジャナブリ県カンジャナブリ市で40.2度、中部スパンブリ県スパンブリ市で40.5度、バンコクのドンムアン空港で37.7度だった。

 

メーホンソン県の山火事(写真提供、タイ国立公園野生動植物局)

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る