タイでエアージャパン欠航が物議、ホテル代など賠償求める動き

【タイ】タイの公共放送タイPBSなどによると、22日、全日本空輸(ANA)傘下の格安航空(LCC)、エアージャパンのバンコク(スワンナプーム空港)発成田行きNQ2便が、出発予定時刻の午前0時15分から約3時間遅延した後、欠航となった。

 乗客の多くは日本に旅行に行く予定だったタイ人で、すでにホテルや鉄道などを予約していた。未明にスワンナプーム空港に取り残され、別の便に乗り換えることもできない状況の中、エアージャパン側は航空券代のみ返金するという対応で、これを不満とする乗客の一部が搭乗ゲートに詰め寄ったり、怒鳴り声を上げるなどした。

 このトラブルはタイのメディアで大きく取り上げられ、タイ民間航空庁(CAAT)がエアージャパンに経緯と対応について説明を求める事態となった。欠航した便に搭乗する予定だったタイ人男性はタイPBSの取材に対し、「ANAの子会社だから信用していた」「搭乗予定だった中には地方から出てきた人や、お年寄り、子ども、車椅子の人もいた」と述べ、支払い済みのホテル代などの賠償を求め、タイ消費者保護委員会に集団で訴える考えであることを明らかにした。

 こうした中、エアージャパンは26日、NQ2便の使用機材は前便のNQ1便(成田発バンコク行き)の到着後に不具合がみつかり欠航したと説明。乗客への状況説明が不十分だったとして謝罪し、お詫びの対応をする準備を進めていると表明した。詳細は後日、連絡するという。

 

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る