経営再建中のタイ航空、ボーイング・ドリームライナー45機発注

【タイ】事実上のタイ国営企業で経営再建中のタイ国際航空は20日、米ボーイング製の旅客機787ドリームライナー45機を発注したと発表した。

 発注したのは基本型である787-8型機より全長が6メートル長い787−9型機で、米ゼネラル・エレクトリック(GE)製のGEnxエンジンを搭載する。2027年から納機が始まる予定。タイ航空は将来的にドリームライナー35機を追加発注する可能性があるとしている。

 タイ航空は慢性赤字体質で経営が危機的な状況だったところへ、新型コロナウイルス感染症で航空需要が激減し、経営が破たんした。2020年から事業更生手続きの適用を受け、経営再建を目指している。2023年9月末時点の運航機数は75機(22年9月末91機)だった。

 

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る