プノンペン初の公共下水道施設完成 メタウォーターなど

【カンボジア】メタウォーター(東京都千代田区)は1日、クボタ建設(大阪市浪速区)との共同企業体が受注したプノンペン下水道整備計画で、公共下水道施設(チュングエック下水処理場)が完成し、2023年12月27日に記念式典が開催されたと発表した。式典にはカンボジアのフン・マネット首相、植野篤志駐カンボジア日本大使、近隣住民約3000人などが参加した。

 政府開発援助(ODA)による無償資金協力事業で、プノンペン初の公共下水道施設整備事業。急激な都市化と人口増加で汚水量が増大しているプノンペンで、特に水質悪化が著しいチュングエック湖の周辺地域で下水処理施設と下水管渠を整備した。下水処理方式として、メタウォーターが新興国向けに開発し、すでにベトナムのホイアン市などで導入実績がある「前ろ過散水ろ床法」を採用し、1日当たり約5000立方メートルの生活排水の処理が可能。

チュングエック下水処理場の全景(画像提供、メタウォーター)

関連記事

トピック

  1. タイ駐在中に必ず行きたい休日を過ごすためのパーフェクトな楽園 ☆モルディブ☆行くなら早割や特典付で…
  2. バンコク発、日本行きプロモーション航空券情報♪ 期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討ください …
  3. 【6/10】「光輝く島」スリランカ2泊4日☆大遺跡群と聖地キャンディー して象の孤児院など見所を…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る