阪急阪神不動産、マニラ郊外で戸建て住宅開発

【フィリピン】阪急阪神不動産はフィリピンの不動産デベロッパー、PAアルバレスプロパティーズと共同で、マニラ郊外のラグナ州カブヤオ市で戸建て住宅を開発する。

 プロジェクト名は「カブヤオ2(仮称)」。敷地面積19.5ヘクタール、総戸数約1600で、2025年から順次竣工する。総売り上げ約126億円を見込む。

 阪急阪神不動産のフィリピンでの住宅分譲事業は「カブヤオ2」を含め6プロジェクト、約5960戸、海外での住宅分譲事業はタイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシアの計5カ国53プロジェクト、約5万4620戸になる。

 

左から PA社:ジョナサン副会長・アルバレス会長 阪急阪神不動産:諸冨社長・松田海外事業本部長(写真提供、阪急阪神不動産)

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る