インド社とシンガポール政府系投資会社、タイの「KFC」運営会社買収

【タイ】日本KFCホールディングスは19日、シンガポールの持分法適用関連会社バンブー(タイランド)が保有するタイの「KFC」運営会社レストラン・デベロップメントの株式をインドの外食大手デビアニ・インターナショナルに売却すると発表した。

 2016年10月にレストラン・デベロップメントに出資し、企業価値向上に向けた支援を行い、2023年9月末時点の店舗数は出資時から140店以上増え274店となった。保有資産の効率化を図ることなどを目的として、株式譲渡を決めた。

 デビアニの18日の発表によると、同社はシンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスと共同でレストラン・デベロップメントを買収する。取得額は1億2890万ドル。出資比率はデビアニ51%、テマセク49%になる。

 レストラン・デベロップメントは米外食大手ヤム・ブランズとフランチャイズ契約を結び、タイで「KFC」の店舗を運営。2022年の売上高約50億バーツ、従業員4500人。

 デビアニはインドなどで「KFC」、「ピザハット」などをフランチャイズ展開する。店舗数は1300店以上。

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る