インド社とシンガポール政府系投資会社、タイの「KFC」運営会社買収

【タイ】日本KFCホールディングスは19日、シンガポールの持分法適用関連会社バンブー(タイランド)が保有するタイの「KFC」運営会社レストラン・デベロップメントの株式をインドの外食大手デビアニ・インターナショナルに売却すると発表した。

 2016年10月にレストラン・デベロップメントに出資し、企業価値向上に向けた支援を行い、2023年9月末時点の店舗数は出資時から140店以上増え274店となった。保有資産の効率化を図ることなどを目的として、株式譲渡を決めた。

 デビアニの18日の発表によると、同社はシンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスと共同でレストラン・デベロップメントを買収する。取得額は1億2890万ドル。出資比率はデビアニ51%、テマセク49%になる。

 レストラン・デベロップメントは米外食大手ヤム・ブランズとフランチャイズ契約を結び、タイで「KFC」の店舗を運営。2022年の売上高約50億バーツ、従業員4500人。

 デビアニはインドなどで「KFC」、「ピザハット」などをフランチャイズ展開する。店舗数は1300店以上。

関連記事

トピック

  1. バンコク発、日本行き航空券プロモーション情報♪ JAL購入期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討…
  2. 荘厳なアンコールワットを観光するならグリーンシーズンも♪ 雨季は力強い緑に映える苔むした遺跡が神秘…
  3. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 日タイ男子バレー「Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024」チケット販売開始

     9月14日(土)・15日(日)にバンコク都内のニミブットスタジアム(Nimibutr Stad…
ページ上部へ戻る