バンコク郊外の廃棄物発電所で開所式

【タイ】バンコク北郊のノンタブリ県に建設された廃棄物発電所の開所式が16日、アヌティン副首相兼内相らが出席して行われた。

 バイオマス発電などを手がけるタイ企業TPCパワー・ホールディング(TPCH)とタイ人投資家グループが折半出資する合弁会社サイアムパワーが開発した。出力9.5メガワット(MW)で、8MWを首都電力公社(MEA)に売電する。2021年12月に商業運転を開始した。

写真提供、TPC POWER HOLDING

写真提供、TPC POWER HOLDING

関連記事

トピック

  1. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  2. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…
  3. 休日はサメット島へGO!!バンコクから気軽に行ける人気の離島☆ 週末や6月の連休予約はお早めに♪ …

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る