タイ下院選の第2党と第3党が同盟、連立政権樹立目指す

【タイ】5月14日に行われた議会下院(定数500)総選挙で141議席(比例代表の得票率27.7%)で第2党となった旧野党陣営でタクシン元首相派のプアタイ党と71議席で第3党となった旧与党陣営のプームジャイタイ党(同2.9%)は7日、共同記者会見を開き、両党を中心に連立政権の樹立を図ると発表した。中小政党を取り込んで下院で過半数を確保するとともに、旧与党陣営のプームジャイタイ党の政権参加で、プラユット軍事政権(2014~2019年)が議員を選任した非民選の議会上院(定数250)で支持拡大を目指す。

 プアタイ党は当初、下院選で151議席(比例代表の得票率36.2%)を獲得して第1党になった旧野党陣営で革新系のガウクライ党と連立政権樹立を目指した。しかし、国王批判に重罰を科す不敬罪の改正廃止、徴兵制の廃止などを掲げるガウクライ党に対し、民主化に抵抗する既得権益層の代表である上院が強く反発。ガウクライ党のピター・リムジャルーンラット党首(42)が出馬し7月13日に上下両院合同会議で行われた首相指名選挙では、上院議員のほとんどが反対もしくは棄権し、ピター党首の得票は首相選出に必要な376票を大きく下回る324票にとどまった。

 事態の膠着を受け、プアタイ党は今月2日、ガウクライ党との連立政権樹立を断念し、自党所属でタイ証券取引所(SET)上場の不動産デベロッパー、センシリの前最高経営責任者(CEO)のセーター・タウィーシン氏(60)を首相候補として、ガウクライ党を含まない新たな連立の枠組みを模索すると発表。旧与党陣営との連立交渉に乗り出した。

 プアタイ党と同盟を組むプームジャイタイ党は2008年にタクシン派政党パランプラチャーチョン党が憲法裁判所により解党された際に同党から離脱した政治派閥が前身。地方に強固な地盤を持つ政治ビジネス閥などの集合体で、イデオロギー色は薄い。一部民主化した第2次プラユット政権(2019〜2023年)で政権入りし、看板政策の大麻解禁を実現した。党首のアヌティン・チャーンウィラクーン副首相兼保健相(56)は大手ゼネコン(総合建設会社)シノタイ・エンジニアリング・アンド・コンストラクションの元社長で大株主。タクシン政権(2001〜2006年)で副保健相を務めるなど、タクシン派とのパイプは太い。

  ただ、プームジャイタイ党の政権参加が旧野党陣営に強い拒否感を示す上院の説得材料になるかどうかは依然不透明だ。プラウィット副首相(元陸軍司令官)率いるパランプラチャーラット党(下院議席数40、比例代表の得票率1.4%)もしくはプラユット首相兼国防相(元陸軍司令官)率いるルワムタイサーンチャート党(下院議席数36、比例代表の得票率11.9%)が政権に参加すれば、上院議員の大半を選んだとされるプラウィット副首相の影響力で政権樹立のめどが立つ。しかし、プアタイ党は下院選前、タクシン派政権を追放した2014年の軍事クーデターの支持勢力であるパランプラチャーラット党、ルワムタイサーンチャート党とは連立を組まないと明言し、7日の記者会見でも、両党を連立政権に加えない方針を再度確認した。

スワンナプーム空港を視察するアヌティン副首相兼保健相(左)とプラユット首相兼国防相(2023年8月7日 写真提供、タイ首相府)

 

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る