政治的理由で殺害された民間人、クーデターから20カ月で6300人超 ミャンマー

【ミャンマー】ノルウェーのNGO(非政府組織)、オスロ国際平和研究所がまとめたリポートによると、ミャンマーで2021年2月の軍事クーデターから22年9月までに政治的な理由で殺害された民間人は少なくとも6337人に上る。負傷者は2600人以上。

 死者のうち3003人は国軍に、2152人は反国軍の武装勢力により殺害されたとみられる。

 ミャンマーでは2020年11月に総選挙が実施され、アウン・サン・スー・チー国家最高顧問兼外相率いる与党・国民民主連盟(NLD)が勝利した。選挙で大敗したミャンマー軍は翌21年2月にクーデターを起こし、アウン・サン・スー・チー最高顧問ら政権幹部の身柄を拘束し、実権を掌握。その後、クーデターに抗議する市民らを武力で弾圧し、少数民族の支配地域にも攻撃を仕掛けている。

関連記事

トピック

  1. コムローイツアー第二弾☆再度予約受付開始!! 先行予約枠が大好評につき完売のため追加枠を確保しまし…
  2. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  3. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る