タイ・ゼネコン大手ITD、社債償還延長提案 資金繰り悪化

【タイ】タイ・ゼネコン(総合建設会社)大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)は8日、今月17日に開催する社債保有者との会合で、社債の償還期限の2年延長を求めると明らかにした。ITDの株価は同日、12.4%下落した。

 2020〜2022年に約60億バーツの損失を出し、資金繰りが悪化した。2023年9月末時点で、資産総額1193.7億バーツ、負債総額1076億バーツ。2023年1〜9月期は売上高526.7億バーツ、最終利益3.8億バーツだった。

 ITDは中国系タイ人のカンナスート(陳)家とイタリア人のサルベージ技術者が1958年に設立した。バンコクの高架鉄道BTS、スワンナプーム国際空港などの建設を手がけ、バングラデシュ、カンボジア、ラオス、インドネシア、ミャンマーなどでも事業を展開する。

 オーナー一族のプレームチャイ・カンナスート社長は野生保護区での密猟で実刑判決を受け、2021年12月から2023年10月まで服役した。

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る