三菱自、インドネシアで新型軽商用EV生産開始

【インドネシア】三菱自動車工業は15日、インドネシアの合弁会社ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)で、軽商用電気自動車(EV)の新型「ミニキャブEV(現地名:L100 EV)」の生産を開始したと発表した。2023年度第4四半期に販売を開始する予定。三菱自動車が海外でEVを生産するのは初めて。

 「ミニキャブEV」はワンボックスタイプの軽商用EV。駆動用バッテリーをフロア中央の床下に配置するなど荷室容量を犠牲にすることなくEVコンポーネントを搭載することで、大容量な荷室の確保と、低重心化による優れた操縦安定性、良好な乗り心地を実現した。

 MMKIはジャカルタ東郊ブカシの工場で「パジェロスポーツ」、「エクスパンダー」などを生産している。年産能力22万台、従業員数約3900人。

写真提供、三菱自動車工業

関連記事

トピック

  1. タイ駐在中に必ず行きたい休日を過ごすためのパーフェクトな楽園 ☆モルディブ☆行くなら早割や特典付で…
  2. バンコク発、日本行きプロモーション航空券情報♪ 期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討ください …
  3. 【6/10】「光輝く島」スリランカ2泊4日☆大遺跡群と聖地キャンディー して象の孤児院など見所を…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る